じゃくじゃく

新感覚の素材ウバサガラー専門のショップです。

世の中は、モノで溢れているのに、なかなか欲しい物が見つからないと考えることはありませんか?
一生懸命探しても、自分だけのモノだと満足できるものに巡り会うのは難しいと嘆いていませんか?

もしも、あなたが『ものづくりの作家さん』だとしたら、不満は更に大きいかもしれません。

材料はどこで調達していますか? 
手芸品店? 専門店? ネットショップ? 問屋街のプロ限定のお店?

そんなふうに手に入れた材料で作品を作って、さあ、販売しようと思ったら、自分の作品に似た作品を見つけてガッカリすることはありませんか?

似たようなモノの中から買ってもらうには、安くしないといけないかも・・・・。価格競争という精神衛生に悪い世界。

ああ、好きで始めたものづくりなのにと落ち込む・・なんてことがあるかもしれません。

世の中に材料屋さんはたくさんあるけど、扱っている商品は似たり寄ったり。購入した材料が似たようなものなのだから、似たような作品になるのは仕方のないことかもしれません。

作家さんによっては、差別化を図るために海外に出かけて、イメージに合う物を探す!ということもあるようです。

が、コロナの状況下ではフットワーク軽く海外へ行くなど夢物語となってしまいました。

そこでウバサガラーです。

ウバサガラーって何?と思ったかもしれませんね。

それもそのはず。ウバサガラーという単語を知っている人は、芭蕉布作家さんくらいのものでしょうから。
芭蕉布用の糸を作る過程で出てくる副産物がウバサガラーです。

今まではだれにも顧みられることがありませんでした。

でも、ここで声を大にして訴えたいのですが、ウバサガラーはとてもユニークで魅力的な素材です。

素朴でワイルド、クッション性を感じる柔らかさ、少し甘い香り。

そして、嬉しいことに、扱いやすいんです。

糸芭蕉のように、亜熱帯地方でなければ織れないなんてことは、ありません。



『じゃくじゃく』では、ウバサガラーのバッグや草履を製作していますので、ぜひ商品画像を見ていただきたいと思います。

草履であれば、布草履との違いや藁草履との違いを感じていただけるかと思います。(軽さや香りまで感じていただくのはムリですが💦)

バッグやポーチなどの織り製品は、目的の作品イメージによってウバサガラーの幅を調整して(裂いて)織ることができます。

他にも、リース、カゴ、アクセサリーなどの商品化を企画しているところです。

ものづくりの素材として、作家さんの感性で色々な使い方をしていただけると思います。

ショップ『じゃくじゃく』では、製品の販売だけでなく、素材としてのウバサガラーの販売もスタートさせたいと考えています。
ぜひご利用いただきますよう、よろしくお願いします。

ただし、ウバサガラーの生産は11月から2月までの期間限定となります。
この時期は上質な繊維が採れるので、芭蕉布作家は1年分の繊維を集中して採るからです。

しかも、刈り取り、乾燥、選別、製品化のすべてを、手作業で行なっていますので、大量生産は望めません。

特に今年は、雨が続いたので例年よりも収穫量が減っています。

できるだけ、多くの方にウバサガラーをお届けできますよう努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。

PICKUP ITEM